健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

マグネシウム

必須ミネラル(多量元素)⇒マグネシウム                         

元素記号:Mg

マグネシウムの、成人の体内量の平均は20〜25gほどです。その6割が骨に含まれます。骨以外では、肝臓、筋肉、血液などの部位に含まれタンパク質と結合して存在しています。

『マグネシウムの働き』
マグネシウムは300種類以上もの酵素の働きを助けて、代謝など助ける働きをします。神経の興奮を抑えたり、血管を広げて血圧を下げる効果もあります。そのことから、血圧のお薬にも使われています。
カルシウムの吸収を助ける働きもあるため、骨を丈夫にするためにも必要なものです。

『マグネシウムが不足すると?』
慢性的に不足すると、不整脈や神経過敏などを起こすことがります。一般的に日本人のマグネシウムの摂取量は不足気味という話があります。食事のバランスを考えて、適量を摂取したい栄養素です。
また、マグネシウムとカルシウムは互いにバランスを取り合っている栄養素です。マグネシウム1に対してカルシウム2の割合が良いと言われています。

『マグネシウムを摂取するには』
マグネシウムの1日の摂取量は 成人男性340〜370r 成人女性270〜290rが目安です。
大豆・果実・穀類・海藻類に多く含まれています。

マグネシウムの1食あたりの目安量とその含有量 
大豆(30g)     66r含有
油揚げ(40g)    52r含有
納豆(50g)     50r含有
アーモンド(30g)  93r含有
カシューナッツ(30g)72r含有
いり落花生(30g)  60r含有
干ししじき(10g)  62r含有
乾燥わかめ(5g)   55r含有
玄米ご飯(120g)   59r含有
干しえび(10g)   52r含有