健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

ビタミンA

脂溶性ビタミン⇒ビタミンA                                                                   

皮膚や粘膜に不可欠な栄養素です。また目にも良いビタミンとして知られています。

『アンチエイジングに』
ビタミンAは、皮膚や喉、鼻などの粘膜を正常に保つ働きをしています。そのため、感染症を予防にも繋がり、免疫力を高める働きをします。ビタミンAは主に、βーカロテンで摂取されて、体内で必要に応じてビタミンAに変わります。βカロテンは、有害な活性酸素を取り除くためにも働くので、アンチエイジングにも良いと言われています。

『目にいいのは?』
ビタミンAは目が光を感じるのに必要な、網膜色素ドロプシンの主な成分です。ドロプシンは光に反応して脳に刺激を送り、まわりの明るさに目をならす役割をします。これを、暗順応といいます。不足すると暗順応の機能が衰えてしまったり、子どもの場合は成長障害を起こすこともあります。

『ビタミンAを取りすぎると?』
ビタミンAは、脂溶性ビタミンなので、体内に蓄積されます。そのためビタミンAが蓄積されてしまうと、脳圧高進症を起こしやすくなります。頭痛や吐き気などの症状がでます。サプリメントや栄養補助食品などで、ビタミンAが直接的にはいっている場合は、摂取の用法を間違えないようにしましょう。特に、妊娠時期には過不足を起こさないように注意が必要です。

『ビタミンAを摂取するには?』
ビタミンAをは主にレバーなどに多く含まれています。
1日の摂取基準は、成人男性700〜750μgRE 成人女性600μgRE 上限3.000μgREです。
ビタミンAとして摂るよりも、βーカロテンとして摂る方が、過剰摂取になる心配がありません。βーカロテンは小腸壁で酵素によってビタミンAに変わります。必要な分が変換されるので、安心して摂ることができます。