健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

ウコン (クルクミン)

 ショウガ科クルクマ属⇒ウコン                              

ウコンとは、ショウガ科クルクマ属の多年草植物です。
主に、熱帯アジアが原産で、インドや東南アジアに広く分布し、日本では、沖縄、九州南端、屋久島などで採れます。
ウコンは、カレー粉の原料のクルクミンとしてよく知られています。
また、古くから二日酔いの緩和を目的に、食されてきました。

味は、独特の苦味と香りがあります。
この苦味を生かしてサラダのソースなどにしたり、ウコン茶でお酒を割ったりして楽しむこともできます。
身近なところでは、『たくわん』の着色にも使われています。

ウコンには『春ウコン』『夏ウコン(紫ウコン)』『秋ウコン』の種類があります。含まれる栄養成分の量に違いがあり、苦味の度合いも違います。
また、漢方薬の材料としても使われています。

クルクミンは、アルカリ性のものに対して、ピンク色に変わる性質があるため、科学実験で使われる、pH試験しなどにも利用されています。


ウコンの中に含まれる栄養成分
クルクミン:肝機能を強化し、胆汁分泌を促す。
ターメロン:胆汁分泌を促す。
シネオール:胆汁分泌を促す。また、殺菌、健胃によいと言われています。
クルクメン:コレステロールに良いと言われています。
パラメチトルイルカピノール:胆道にある胆汁を排出を促します。
フラボノイド(ビタミンP)
アズレン:胃や十二指腸によいと言われています。
カンファ
クルクモール
エレメン
リン

カルシウム

マグネシウム


ビタミンCなどが、含まれています。