健康・美容・美肌情報やサンプルをプレゼント中〜 ココミル

無料・サンプル・プレゼントの美容と健康の情報サイト〜ココミル

文字サイズ

ギャバ(γ-アミノ酪酸)

ギャバ(γ-アミノ酪酸)

ギャバの正式名称は「γ-アミノ酪酸」といいます。発芽玄米などに多く含まれる成分として近年注目を浴びています。

『ギャバ(γ-アミノ酪酸)の働き』
体内では、脳や脊髄に多く存在しています。主な働きは、抑制性の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素の供給を増やしたり脳細胞の代謝を高める働きをします。このため、集中力を高めたり、神経を鎮めることでストレスを緩和する成分として注目されているのです。
この他に、ギャバ(γ-アミノ酪酸)が内臓の働きを良くして消費エネルギーを高めることや、脂質代謝を促すこともわかってきているそうです。このことから、肥満の予防や糖尿病予防などでもその効果が期待されています。肝臓・腎臓の働きも良くするので、利尿がよくなり、血圧を下げる事やアルコールの代謝も良くしてくれるとも言われています。

『ギャバ(γ-アミノ酪酸)が不足しやすい人は?』

ギャバ(γ-アミノ酪酸)が体内で作られるのは、睡眠中です。特に深い睡眠中に作られます。このことから、睡眠が浅い人や、睡眠不足の人はギャバ(γ-アミノ酪酸)が不足する可能生が高くなります。


『ギャバ(γ-アミノ酪酸)を摂るには?』
発芽玄米に多く含まれれています。白米にも含まれていますが、少量です。効率的に摂るにはサプリメントやギャバ(γ-アミノ酪酸)を配合した食品などを摂ると良いでしょう。